08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.12.15 (Fri)

酒は百薬の長ですよ!<アイス&貴腐ワイン>

個人的な趣味で申し訳ないのですが、食前酒にはドイツワイン。
いや、別に食前じゃなくてもいいんですけど(またこのパターン)。
んで、ドイツワインの特色といえば、白の多さです。
というか全体の7割が白ワインになります。
しかも平均して甘い。辛口が好きな方にははっきり向きません!
お酒は苦手だけどとかカクテルなら飲めるけど・・・といった方におススメです。
特に今回紹介するアイスワインや貴腐ワインは、特別ドイツの専売特許ではありません。いろんな地域にあるのですが、元々甘いワインを好んでいたからでしょうかね?
アイスワインや貴腐ワインを探すのは、地方でも難しくないです。ある程度ドイツワインが置いてあるところだったらですが^^; さすがに猫のマークのワインしかなく、それも1種類だけというお店では、かなり厳しいと思いますが^^;

【More・・・】

詳細についてはWIKIで調べてください(ものすごくテキトー)。実際、WIKI以上の知識は、私にはありません。
飲みやすさとかそんな寸評だけにします^^;
詳細はアンナ・スコットさんが復帰されるようなので、あちらで取り上げられることを期待します(他力本願&投げすみません^^;)。

さて、先日ステップさんが購入されて飲まれていたにごりワイン、ワイナリーが違いますが、手に入れたので飲んだ感想を。
「飲みやすい」これは間違いないですね。ただ、個人的にいえば、生酒独特の甘さというか若さみたいなものが出ていて、100点満点でいえば65点くらいかな? は気に入っていたようなので、「だったらあんなに全部飲むんじゃない!」と文句言われそうな気がします^^;

元となるぶどうの種類がナイアガラだったので、本来ワインにすべきではないのかもしれませんね。まあ、作ってもまったく問題はないのですけど。これは日本酒にいえることですが、お酒に適している品種と食べるのに適している品種は、違うので何でもかんでもお酒にすればいいというものではないかと思います。

次回のお酒の話の予定は
「ヤッファとベイルートでも飲ませろ!」です。
EDIT |  12:32 |  お酒の話  | TB(0)  | CM(2) | Top↑
アイスワインはどこかのワイナリーで試飲したことがある気がします(うろおぼえ)確か、すごく甘くて美味しかったです。
にごりは、近隣のワイナリーでも売ってるらしいことは判ったのですが、まだ前に買ったのが1本残っていたりします…。
ステップ |  2006年12月17日(日) 19:03 | URL 【コメント編集】
>ステップさま
アイスの甘さが飲めるのであれば、かみさんと同系統のワインが好みなようなので、オススメのワイン(地方でも手軽に入る)いくつかあります。もちろん地元産のワインも比較的美味しいので、問題はないのですけどね。
あとたしかG社とSh社、Su社(前ステップさんのカキコでの私の表記間違ってましたね^^;)では貴腐ワインもつくっていたはずです。
I社にもあったかも?
貴腐ワインは貴腐香という独特の香りがありますが、これがイイのです^^; 
ただの酒飲みのコメントでした^^;
鉄刀木 |  2006年12月17日(日) 21:50 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。