05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.12.22 (Fri)

ヤッファとベイルートは誕生の地?

地元産のアイスワインを昨日購入してきました。で、さっそく飲んだので、その感想を・・・
「美味しい」 高かったけどねorz
蜂蜜酒を更に甘くしたような味わいなので、甘いお酒が苦手な方には・・・絶対不向きですが、お酒ならなんでもOKとか、甘いお酒、カクテル等が好きな人には向いてるかな? お酒じゃないけど、サバランよりも甘いような気がしました。また、どことなくマティーニ飲んでいるような感じさえしていました。先日も地元産ワイン見直したと書きましたが、はっきりと考え方改めないといけないようです。間違いなく美味しい。他の国の賞を受賞したといってもたいしたことないんじゃないかな? という思いだけでしたが、ここ数本飲んでいる分には、たしかに美味しいし、また日本人の好みのワインに仕上がっているのではないかな? と思いました。
味噌味にあうワインはなかなかないけど、醤油味にあうワインは探せばあるのね~

【More・・・】

さて、タイトルの件です。
先日に少し予告しておきましたが、ベイルートやヤッファでお酒が飲めないことに対するお話です。
もちろんムスリムは禁酒ですから飲めません。しかし、あの当時もそうですが、基本的に他の信仰をしている人はお酒が飲めるのです。現在も場所は限定されますがムスリムの国でもお酒は飲めます。これは世界中のどこでも同じです。戒律が非常に厳しい地域でも可能なはずです。
但し、屋外での飲酒は禁じられていると思いますので、屋内でなくてはなりませんが・・・
ああ、そうか・・・それでダメなのね。。。書いていて気づいたorz...

さて、気を取り直しましょう!(変わり身早)
何故わざわざヤッファとベイルートについて取り上げたかというと、この地のワインこそ、ヨーロッパのワインの原点だからです。
先日どこだったかな? TVでベイルートのことが取り上げられていました。その中でワイン誕生の地として紹介され、今もワインが作られているということをやっていました。誕生の地に関しては?ですが(メソポタミアなので、もっと東側のはず)、この地で作られたワインがヨーロッパへ伝播し、今のヨーロッパのワインの元になったのです。

今もレバノン産のワインは高級ワインとして珍重されております(しかしながら私は飲んだことありません。ボトルは見たことあるんですけど、買えばよかった・・・今から8、9年くらい前の後悔。地方暮らしではまず二度お目にかかれない気がします)

んで、何がいいたいかというと・・・美味しいとか高級とか言われると飲んでみたいと思いませんか? 私は正直アルコール好きです。もちろん飲まなくても平気(休肝日はかならず週2日とります)ですが、美味しいお酒と聞くと飲んでみてみたい衝動にかられます。
んで、リアルでも無理、DOL内でも無理ってどういうことよ?
ということで、DOL内だけでも飲んだことのないレバノン産ワイン飲ませてほしーなーということなのです。
まあ、無駄な要望ですがw


さて、ワインの話ばかりだったので、次回はウォッカの話でも書いてみますね。
好きなお酒ランクで言えば、実はウォッカが一番なのです^^;
カクテルで飲むのもも嫌いではないですが、キンキンに冷やしたウォッカをストレートで! 最高に美味しい~(ただのおバカです)
EDIT |  12:02 |  大航海:鉄の日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。