09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.08.19 (Sun)

海賊になって

海賊になってわかったことがいくつかあるので箇条書きにしてまとめてみましょう。

やっぱり海賊は避けられる
まあ、当然といえば当然なのですが、遠くに船が見えたかな? と思った瞬間に転舵されること増えましたね。

意外に色落ちは早い
これは私が交渉海賊であること由来するのですが、適当に襲うのではなく交渉を前提としているので、まずは会話からになるため拿捕や撃沈がないので中華以外から悪名がつきづらいからだと思います。

海賊さんがなぜ特定の海域に多いか
これは、ようは襲いやすい海域ってのはあるのです。例えばカーボ沖ぬけると、帰欧中だとカナリアは逆風になるので当然カナリアは襲いやすいってことですね。まあ、人が多いところは交渉しづらいのでダメですがw

中華の方々
基本的に即上納品使われます。生活かかってるから彼らは必死ですねw
まあ、私のような交渉海賊にとっては、悪名維持のために大切かもしれません^^;


【More・・・】

ここからは、ごく個人的な感想&雑感です。

有名なブログにZ鯖のベルナ○ットさんのブログがあります。彼女は最初PKに襲われるのを喜んでいました。で、今はどうかといえば、彼女自身がPKさんになっています。
何がいいたいかというとですね・・・感覚的に近いw

私もPKが好きというか、いてもOKと思っていたし、いないと寂しいと思います。UnちゃんをはじめとするVの方々がPKとして暴れていた頃、また鄭○さんが私掠海賊として名をはせていた頃、もっといえばきゅんきゅ○☆さんやtake**iyoさんが同じく海賊として頑張っていたころ、もっと昔、マディラ沖でサラ・○ーネットさんが頑張っていた頃の混沌とした海のほうが、好きなんですよね。

で、現状はどうかといわれると、人口も少ないし、まして海賊する人となると・・・な現状です。少しでも楽しくなりたい場合はどうするかと問われれば、自分がやるしかったんですね。これに関して言えば、答え自体はかなり前から出ていたのだと思います。ある意味Unちゃんと初めて長々と会話したときから、これはあったのかもしれません。

そんなもやもやした気持ちがずっとあったときに、
ジョーさん<<本人の強い希望により目立たせます!>>
イケメン天才海賊オダギリ・ジョーさんと
ハルン(連座制で大きくw)さんでピエ団立ち上げ、
なんとなく「ああ、コレわかる」と思ったのが、今に至る結果のような気がします。

まあ、アレです、私やベル○デットさんのようにMっ気がある人は多くはないと思いますが、襲われる感覚と襲う感覚の楽しさは紙一重なのです。襲われる感覚がちょっとでも楽しいと思った方は、一度海賊(DOLの海賊は一般のMMOのPKより、感覚的には逃げられやすいので、PKって言葉より、海賊のほうがしっくりきます。ええ、海賊側の言葉ですよ^^;)経験してみるといいかもしれません。

もちろん海賊大嫌いと思う方も多数いらっしゃいます。こんなこと書く自体「アホか!」って思う方も少なくないでしょうけど、まあ、アレです。ゲームなんですから好きにさせてもらいます^^; 

最後にブログにまたも勝手にいくつか名前を載せてしまいました。
こちらの勝手で名前を出していますので、不都合があれば削除いたしますので、こちらに匿名でコメントいただくか、鉄刀木またはエマノンまでTELLください。
EDIT |  11:35 |  大航海:鉄の日記  | TB(0)  | CM(12) | Top↑
カラーリングおめでとうございます(´∀`)

楽しい思いも嫌な思いもすると思いますが、色つきの間はDOLライフを満喫してください!

がんばってねぇ!=3
ちら |  2007年08月21日(火) 01:15 | URL 【コメント編集】
>ちら様

かなり楽しんでおります。というか・・・文章にもありますが、
襲われるのはそれはそれで楽しい=襲っても楽しいだったのです^^;
襲われるほうはたまらないでしょうが。。。まあ、交渉海賊ですから、襲われても問答無用で拿捕するわけではありませんので^^
鉄刀木 |  2007年08月21日(火) 02:17 | URL 【コメント編集】
不都合です。

もっとたくさん名前だしなさい!

ジョー |  2007年08月21日(火) 22:30 | URL 【コメント編集】
>イケメン天才海賊 オダギリ・ジョー様

名前省略系でしたね。すみませぬ。
鉄刀木 |  2007年08月22日(水) 00:26 | URL 【コメント編集】
桔梗屋と申します。
同じギルドで同じ体型もあり、妙な親近感もあった私は初心者だった鉄を
丁稚として商売のいろはから女性の扱いかたまで全て伝授しました。
あの頃の鉄の目はまだ見知らぬ世界に輝かせておりました。
次第に鉄の交易も順調になり私の手元を離れひとり立ちしてきました。
その晩は一緒にお酒の談義などをし語りあって別れを惜しみつつ
アムステルダムの港を出港する鉄を見送りました。

月日がながれ半年もたったころでしょうか、先日ロンドンで露店をしていた
私に懐かしい声がしました。鉄です。名前が真っ赤っかです。
「うはlwwwwwww、桔梗屋wwwっうぇwwwww元気?wwwww」
「あ、鉄・・・いや鉄さん?お元気そうで」
「元気だおwwwwww何してんだよwwwwwっをめえwwww」
「い、いえ、見ての通り露店を・・・」
「だっせえええlwwっうぇえwwwwwww楽しいことしようぜぇえうえ」
「は、はぁ。楽しいことですか?」
「そうだおwwwwww今度一緒にpkしようぜwっうぇwwwwww」
「いや、pkは宗旨にそむくので私にはちょっと」
「らめええええええwwwwつまんないおwwwwやろうぜぇえwwwww」

後日変わり果てたご主人を嘆く奥さんが涙ながらに私に相談を
もちかけてきました。PCの前で爆笑したり怒号を撒き散らす父親の
姿を見てそれを夏休みの作文にする娘と息子たち。
魚の煮付けの味が薄いと急に怒りだし、ちゃぶ台をひっくり返しその
仕返しに妻のキャラから勝手にお金を引き出したり、勝手に小麦を
小麦粉にしてしまう悪逆非道ぶり・・・

ここにいたって遂に私は立ち上がることにしました。封印していた
鬼の魂を開封するときが・・・
UOのイズミサーバーで史上最悪のラマ殺し、残虐非道の鬼畜なキコリ、
近所のベンダーから矢を全て買い取り+100つけて売る非道な弓屋。
温厚な商人の仮面を剥ぎ取り極悪非道な素顔を現した桔梗屋は
かつてに友人である鉄を討伐すべくアムステルダムの港を離れた
のであった・・・・まってろ、鉄!にげるな、鉄!

がんばれ桔梗屋!課金切れまでわずか!

桔梗屋(ダイエット中 |  2007年08月24日(金) 14:32 | URL 【コメント編集】
>桔梗屋様
まずは。。。。。

捏造イクナイ!

うはwwwおけwwはないだろう・・・
ま、それに類推することはいったが・・・
アレだ、

新しい扉を開くのです!

ナッソーとホロがあなたをまっている。
さあ、アタックチャンス!

白ネームだと中華警戒しないので、速攻拿捕できるよw
鉄刀木 |  2007年08月24日(金) 19:33 | URL 【コメント編集】
とりあえず昔の悪逆非道な自分の勘を
取り戻すためにベルゲン沖で牛3頭を洋上破棄
してきた・・・おれ鬼畜wwww
まっていろ!鉄!
桔梗屋(ダイエット中 |  2007年08月25日(土) 11:59 | URL 【コメント編集】
>桔梗屋様

うは、牛カワイソス
乳しぼりしてあげればいいのに^^;
鉄刀木 |  2007年08月26日(日) 00:38 | URL 【コメント編集】
この間、PKに襲われた話は自分のブログでも触れましたけど、
実は妙に「追いかけっこ」が楽しかったと感じたのは、
ここだけのお話ですw (ノ´∀`*)

被害なかったからだけかも知れませんが…w

アンドリー・デミチェリス |  2007年08月28日(火) 11:28 | URL 【コメント編集】
某日未明

鉄の嫁さんが旦那に大砲を渡しにいくとの情報を得て同行を申し出る。
場所はケープ、かなり遠いが正義の鉄槌を下すためには仕方ない。
多くの商会員の見送りを受けつつ、鉄の嫁を従えてロンドンを出航した。
もちろんこの嫁は使いようによっては人質として使えるだろう。

航海中、鉄の嫁から旦那への不平不満や愚痴を聞く。
すでに家庭は崩壊間近みたいだ。やはり俺が鉄を成敗するしかないと
再び決意を新たにする。

ルアンダ沖あたりから鉄の嫁が無言になる。
おかしいと思ったらどうやら鉄に秘密の通信を送ってるようだ!
やはり夫婦の絆は切れないということか。ならばよい、これで心おきなく
嫁を人質にして正々堂々戦える。

ケープ沖に差し掛かると鉄の嫁がいきなり離脱をはじめた。
同時に前方から色のついた艦影が現れる。
人質が逃げたことに動揺したが、そこは歴戦の勇者の桔梗屋は
動揺する部下を一喝すると戦闘配置をとらせ近づきつつある色つき
に臆することなく船首を向けた。

ジャーンジャーン

卑怯な鉄はイベリアガレオン、対する勇敢なるアムスの鉄人桔梗屋は
ポラジベ。だれがどうみても桔梗屋に不利な戦力であり、後年このケープ
沖の海戦の初期の陣容を見たドイツ軍戦術技術大佐は一見にして鉄の
圧勝を予想したという。
だれもが鉄の圧勝を予想しただろう。だがそうはならなかった。
桔梗屋は勇敢な武人であると共に優秀な戦術家でもあったのだ。
鉄の轟々たる砲撃をポラジベの優秀な機動力でひょいひょいとかわすと
その間、鉄の航跡を緻密に計算して機雷を投下させ着実に鉄の船の
耐久力を削っていく。そして混乱する鉄を尻目に名匠カロネの火が吹き
さらに耐久力を削っていった。
砲撃での非をさとった鉄は無謀にも肉弾戦を挑むべく桔梗屋の船に
船首を向け接近してきた。だが、それも全て見透かしていた桔梗屋は
慌てずに艦首を180度転回させると機雷を投下させ、とどめとばかりに
艦尾カロネ砲をあびせかけた。
ここにいたって鉄の船は沈没をはじめた。
目の前に沈みゆくかつての盟友(とも)の姿に桔梗屋は目頭をあつくした
まま別れの敬礼をするのであった。

ここに第一次ケープ沖だちょう討伐の戦いが幕を閉じた。

桔梗屋(ダイエット中 |  2007年08月28日(火) 12:15 | URL 【コメント編集】
>桔梗屋様
捏造しすぎだろう、ゴルァ!!

そもそもイベリアンガレオンじゃなくて、バルチックガレオン耐久2/3くらいだ。あと、ポーラッカジーベック? 耐久MAXの戦列だろう!!!!

あとなあ、こっちは海賊だあ! 砲撃で沈めても意味ないんだよ!
拿捕しなきゃいかん。ちなみに普通はPKKが戦列で来た時点で逃げます。朋友だからこそあえて戦ったんだい!

まあ、沈んだのは間違いないし、正直上陸される前に補足しようと思っていたのは事実だがw

昨日おかげでお仕事(海賊行為)できなかったじゃないか。
美味しそうな中華が目の前素通りしたじゃないか!!!

気になったのは。。。何故に関が原に対するドイツ軍将校のコメントが。。。
鉄刀木@会社 |  2007年08月28日(火) 14:43 | URL 【コメント編集】
>デミ様
船員があって、外科や修理ができる状況なら、2対1の状況なら、商用ガレオンなら高速ケベックにまける要素はほとんどないんですけどね、上で桔梗屋さん宛てにも書いているけど、海賊は拿捕してナンボ。
砲撃で沈めたら意味がないのです。砲戦ならPKのほうがアンジェラさんのガレオンよりは間違いなく強いけど。

追いかけっこが楽しいのは同意^^
鉄刀木@会社 |  2007年08月28日(火) 14:47 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。